同友会指針セミナー よりよい経営を目指して

新大阪のホテルで行われた指針セミナーで、弊事務所の経営理念を作ってきました。
と言っても今日はまずそれを文字にして清書しただけで、明日の2日目でそれに対して助言者さんたちの意見を聞くんですが。
また、意見など入って、全然違ったものになるかもしれません。

とにかく、良い経営をしたい。
クライアント様にも良いサービスを提供したいし、従業員さんの満足度も上げたいし、従業員さんのレベルアップもしたい。
まだまだやりたいことがたくさんあります。
ただ、私の事業は長期的に展開させていくつもりなので、現時点でまず一度経営理念を形にしておきたかったんです。
理念が固まったら、行動指針を作ったり10年計画、5年計画、3年計画などの数字的なものも作って行きたい。

同友会の話が出ました。
同友会への入会を決めたのは、クライアント獲得とかそういうのは全くなく、8月から岡本を雇うことが決まっていたので、岡本のためにも良い事務所を作りたいと思ったからです。
事務所を立ち上げた当初はとにかく食べていかないといけない、固定費をまかなわなければならないで、記帳代行の仕事を多く引き受けていました。
その状況でどんどんクライアント様と契約を続けていったら、近い将来記帳代行・計算センターみたいなことになってしまうなと。
それはそれでビジネスモデルとしては有るかと思うんですが、どんどん低単価で記帳代行の仕事を取っていったら、あっと言う間に労働時間が長い疲弊した職場になってしまうなと。
それに岡本を巻き込んでしまうのも申し訳なく思い、従業員にとって、そしてクライアント様にとって、私にとっても満足度の高い仕事をしたいという思いもあって、同友会に入りました。

同友会では色んな経営者様の生の体験談を聞けて、大変身の締まる思いで、勉強になっています。
うちの事務所は、今でもすごく良い事務所だと思っています。
とにかく従業員にマンツーマンで仕事を教え、自分が経験してきたことを余すところなく教え、そしてクライアント様には貢献する。
クライアント様への貢献については、まだまだやれることはたくさん有るし、やりたいことはもっとたくさんあります。
良い事務所にして行きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA